黒い乳首をピンク色にしたい!黒ずみが濃い原因と薄くする方法!

 

「乳首が黒いと遊んでいると思われそう…」

乳首が黒いと遊んでいるというのは、何の科学的根拠もありません。

 

しかし乳首の黒ずみには、どうしてもマイナスイメージがつきます。

「乳首の黒ずみが原因で、彼氏に引かれたらどうしよう…」

心配になる気持ちは、多くの女性が共感できると思います。

 

そこでこの記事では、乳首の黒ずみ原因とケア方法を徹底解説します!

間違った黒ずみのケア方法では、

乳首の黒ずみを悪化させるだけです。

正しい黒ずみケア方法を知って、ピンク色の乳首を目指しましょう!

 

【おすすめ乳首の黒ずみケアクリーム】

⇒ホスピピュア 公式サイトはコチラ

 

乳首の黒ずみ 主な原因

体質

体質的にメラニン色素が多い方は、

乳首が黒ずみしやすい原因になります。

日焼けしても赤くなるだけで黒くならない人は、

乳首が黒ずみしにくいです。

逆に日焼けしても赤くならずに黒くなる人は、

乳首が黒ずみしやすいです。

 

ブラのサイズ

乳首は生理的色素沈着部位と呼ばれ、

ちょっとした刺激でも黒い色になりやすいです。

そのためサイズの合わないブラを着けていると、摩擦が起きて黒ずみの原因になります。

毎日つけるブラジャーですが、適当に選んでいる女性が大半です。

店員さんに相談するなどして、自分に合うブラジャーを見つけてケアしましょう。

 

お風呂で洗いすぎ

少しの刺激で黒い色になる乳首を、お風呂で洗いすぎていませんか?

メラニンは真皮(表皮よりも内側に存在する層)よりに存在するので、

いくらゴシゴシ洗っても黒ずみケアにはなりません。

お風呂での洗いすぎは、乳首を刺激して黒ずみを悪化させるだけですよ。

 

妊娠

妊娠などで女性ホルモンバランスが変化すると、

メラニン色素が増えて黒い乳首になります。

そのため妊娠も黒ずみの原因の1つです。

とはいえ妊娠・出産での乳首の黒ずみは一時的な場合も多いです。

時間が経過すれば、ピンク色の乳首に戻る方もいます。

 

ターンオーバーが遅れる

乳首は皮膚が厚い部分なので、

元からターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅い部位です。

ストレス・偏食などで、

ターンオーバーが遅れると、さらに黒ずみが悪化します。

ピンク色の乳首になるためには、健康的な生活を意識しましょう。

 

喫煙

煙草を吸うと、メラニン色素を抑制するビタミンCを破壊します。

さらに血流を悪くするので、ターンオーバーも遅れさせます。

乳首をピンク色にしたいなら、今すぐ禁煙を始めましょう。

乳首の黒ずみケア方法

ここまでは主な乳首の黒ずみ原因を見てきました。

次は黒ずみケア方法について解説します!

※妊娠中・授乳中に黒ずみ対策する場合は必ず医師に相談して下さい。

 

石鹸はあまりオススメしない

乳首の黒ずみケアの石鹸・ボディソープは、いくつか販売されています。

しかし石鹸・ボディソープはあまりオススメしません。

 

というのも洗いすぎは乳首の黒ずみ原因になりますし、

泡はすぐに流れ落ちるからです。

 

泡を乳首に留める努力をするくらいなら、

クリームを使ってピンク色を目指せばいいと思います。

 

食事で美容に良い栄養を摂ろう

ビタミンC・ビタミンEはメラニン色素を抑制しますし、

タンパク質は肌の原料となりターンオーバーを促進します。

 

コンビニ弁当・ファストフードばかりで栄養が偏っていませんか?

無理なダイエットで栄養が不足していませんか?

 

現代の食生活で不足しがちな、

野菜や魚介類をしっかり食べて、

ビタミン・タンパク質をしっかり摂取しましょう。

 

病院でもケアできるが費用が高い

乳首の黒ずみは病院でも対策できます。

主な方法は2つで、「ハイドロキノン・トレチノイン治療」「レーザー治療」があります。

 

「ハイドロキノン・トレチノイン治療」とは塗り薬を使った治療です。

メラニン抑制や肌のターンオーバーを促進する効果があります。

しかし効果が強い分、肌荒れ・白斑などの副作用が考えられます。

必ず医師の指導をよく聞いて使用しましょう。

 

そして乳首に異常がない限り保険適用外です。

薬・診察代合わせて2~3万円する病院もあります。

 

もう1つの黒ずみ対策方法は「レーザー治療」で、

メラニンを破壊するレーザーを当てて黒ずみを解消させます。

レーザー治療の技術はどんどん進化しています。

痛みを抑えて確実性も向上した「ピコレーザー(機械名:エンライトン)」もあります。

最新の治療を受けたい方は病院に「ピコレーザー(機械名:エンライトン)」があるか確認しましょう。

 

レーザーの回数は状態によって1~10回ほどまで変化します。

レーザー治療も基本的に保険適用外なので、

料金は数万円~数十万円ほどかかります。

 

クリームでの黒ずみケアはコスパが良い

乳首の黒ずみケアに、数万円~数十万円かけられる人は少ないと思います。

そこでおすすめなのが、クリームを使った黒ずみケア方法です。

 

薬局ではあまり見かけませんが、

通販では数多くのクリームが販売されています。

通販は品質が心配?

ご安心ください。

医薬部外品に認定されたクリームもあるので、安心して使うことができます。

(※医薬部外品には、厚生労働省が認可した有効成分が一定以上含まれています)

 

そして何と言ってもコスパが良いです。

病院だと数万円~数十万円かかりますが、

クリームなら月に数千円です。

 

とはいえクリームを使っても、

2~3日でピンク色にはなりません。

数ヶ月継続してケアする必要があります。

 

数日で乳首をピンク色にしたいならレーザー治療をおすすめしますが、

急ぎでないならクリームを使ったケアをおすすめします。

おすすめ乳首の黒ずみケアクリーム【比較ランキング】

ランキング

おすすめの黒ずみケアクリームを3つ選びました!

3つとも医薬部外品の黒ずみケアクリームです。

ランキング形式で紹介するので、ぜひ参考にして下さいね。

※当サイト独自のおすすめ比較ランキングです。

【第1位】ホスピピュア

ホスピピュア
価格9,000円
定期
価格
5,500円
定期
縛り
最低3ヶ月継続
内容量30g
返金
保証
90日間
返金保証
ポイント湘南美容外科
共同開発

ホスピピュアは湘南美容外科が共同開発した黒ずみケアクリームです。

湘南美容外科が共同開発したこともあり、

様々な女性誌で取り上げられています。

信頼性・知名度は抜群です。

 

注目すべきは“トラネキサム酸”が配合されていること。

トラネキサム酸について、

分かりやすい解説があったので紹介させていただきます。

2002年に、厚生労働省から美白効果のある成分と認められました。(中略)

トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。

出典:品川美容外科HP

ホスピピュアのデメリットは価格が高いこと。

品質より価格重視の方にはおすすめしません。

 

公式サイトからの購入なら、

90日間の返金保証がついていますよ。

 

【ホスピピュアの口コミ・評判】

黒い乳首が嫌でコンプレックスでした。

彼氏は気にしていないと言うのですが、本心は分からず不安に…。

そこでホスピピュアを試してみました。

最初は塗るのが面倒だったけど、だんだん効果を実感してきました。

不安なことなく、彼氏に思いっきり甘えられるのが嬉しいです(笑)

⇒ホスピピュア 公式サイトはコチラ

 

【第2位】HAKUBI

【HAKUBI】美的ラボ
価格8,900円
定期
価格
初回 630円
2回目以降 5,980円
定期
縛り
最低4ヶ月継続
内容量30g
返金
保証
90日間
返金保証
ポイント 2017
モンドセレクション金賞

HAKUBIは乳首の黒ずみ対策クリームにしては珍しく、

“アスタキサンチン”が配合されています。

アスタキサンチンにはビタミンCの約6,000倍もの抗酸化作用があります。

 

さらにヒアルロン酸やローヤルゼリーも配合されているので、

保湿力にも優れています。

肌が乾燥しやすい女性におすすめの黒ずみケアクリームですね。

 

HAKUBIは2017モンドセレクション金賞という実績もあります。

 

デメリットは定期縛りが4ヶ月もあること。

黒ずみケアを続けられない方が買うと損します。

本気で悩んでいてケアを続けられる方におすすめします。

 

HAKUBIも公式サイトからの購入なら、

90日間の返金保証がつきますよ。

 

【HAKUBIの口コミ・評判】

医薬部外品だったし、くるぶしとか、肘・膝にも使えることが分かって購入しました。

当たり前かもですが、ケアするのと何もしないのでは結果が全く違います。

とくに乳首はケアしている人は少ないと思います。

悩み続けるくらいなら、HAKUBIでケアすることをおすすめしますよ。

⇒HAKUBI 公式サイトはコチラ

 

【第3位】ビローザ

価格7,980
定期
価格
3,980
定期
縛り
最低3ヶ月継続
内容量40g
返金
保証
25日間
返金保証
ポイント価格が安い

ビローザはコスパに優れた黒ずみケアクリームです。

上記で紹介した2つの黒ずみケアクリームは両方とも30gですが、

ビローザは40gです。

それにもかかわらず、ビローザは価格が安いです。

ホスピ
ピュア
HAKUBIビローザ
単品
価格
9,0008,9007,980
定期
初回
価格
5,500送料のみ
(630)
3,980
定期
2回目
以降
5,5005,9803,980
継続
縛り
3ヶ月4ヶ月3ヶ月

定期初回はHAKUBIのほうが安いですが、

継続していくうちにビローザのほうが安くなります。

 

医薬部外品という品質で、

この価格の黒ずみケアクリームは珍しいです。

 

デメリットは大きな実績がないこと。

有名企業との共同開発やモンドセレクション受賞といった、

分かりやすい実績は見当たりません。

 

価格重視で黒ずみケアクリームを買いたい方におすすめします。

 

【ビローザの口コミ・評判】

乳首の黒ずみケアクリームの中でも、価格が安かったのでビローザを買いました。

他のケアクリームを使ったことがないので、ハッキリとは言えませんが、

私はビローザで十分だと思います。

もちろんすぐには効果を感じませんでしたが、

使い続けるうちに彼氏から好評を受けるほどになりました。

よほどのこだわりがない限り、価格で選んだら良いと思いますよ。

⇒ビローザ 公式サイトはコチラ

 

乳首もしっかり保湿しよう

保湿

成分の影響などからも黒ずみ対策クリームの使用をおすすめしますが、

乳首を保湿できるという点でもクリームの使用をおすすめします。

 

乳首が乾燥すると、摩擦による影響を受けやすくなります。

その結果、黒ずみの原因になります。

顔の肌を意識して保湿してる人はいますが、

乳首の保湿を意識している人は滅多にいません。

 

黒ずみ対策するならクリームの使用で保湿することもおすすめします。

ヨーグルト・蜂蜜パックという方法もある

ヨーグルト

ヨーグルト・蜂蜜を使ってパックする方法もあります。

しかし、どれを使えばいいかの選択や、

購入の手間、作る手間、食べ物を使う違和感、衛生面を考えるとおすすめしません。

 

よほどこだわりがない限り、

黒ずみケアクリームを使って手軽にケアすることをおすすめします。

乳首がピンク色の日本人女性は珍しい?

ピンク色

じつは乳首がピンク色の日本人女性は珍しいです。

日本人は体質的にメラニン色素が多く、

ほとんどの女性の乳首は薄い茶色~濃い茶色です。

 

それでも日本人男性の多くは、

女性の乳首はピンク色が大半だと思っています。

おそらくアダルトビデオ・漫画の影響でしょうね。

 

乳首が黒いのは珍しいことではないので、

そこまで気にしないで下さいね。

男性は黒い乳首をどう思っている?

男性

「乳首が黒いのは珍しくない…それでも彼氏に引かれるか心配」

そこで男性50人から本音を聞いてきました。

結果はこんな感じです。

ピンク色が良い12人
気にならないが、ピンク色だと嬉しい32人
気にならない6人

「絶対にピンク色じゃないと嫌!」という男性は珍しいです。

「ピンク色だったら良いなぁー」という男性が多いです。

乳首が黒いからといって、

嫌われる・引かれることは少ないでしょう。

「黒い乳首で嫌いにはならない。けれども乳首がピンク色だと喜ぶ。」といった感じですね。

まとめ

クリームを使った乳首の黒ずみケアはコスパが良く、

誰にもバレずに行えるというメリットもあります。

 

もちろん紹介した商品はすべて、

開封するまで中身が分からないように届けてくれます。

届いたい時に家族にバレる心配はありません。

 

乳首の黒ずみが原因で、恋愛を楽しめないのもバカらしい話です。

 

モンモンと悩んで落ち込んでも何も解決しません。

クリームで黒ずみケアしたら、思ったより簡単に解決するかもしれません。

ピンク色の乳首を手に入れて、

彼氏と思う存分イチャイチャして下さいね(笑)

 

【おすすめ乳首の黒ずみケアクリーム】

⇒ホスピピュア 公式サイトはコチラ