青汁効果でバストアップできる?胸を大きくしたい女性にオススメの青汁!

青汁

 

モデルさんや女優さんの間でも青汁は人気ですよね。

そんな中、ブログなどを見ていると

「青汁でバストアップできたからオススメ!」

という声をよく見かけます。

 

しかし本当に青汁を飲んでバストアップ効果を期待できるのでしょうか?

気になったので、青汁とバストアップの関連性について調べました。

 

胸を大きくしたいアナタ!

栄養不足はバストアップの大敵ですよ!

青汁の効果とバストアップの関連性

効果

青汁はイメージ通り、とにかく栄養が豊富です。

現代の女性は、胸を大きくするのに必要な栄養が不足しがちです。

 

特にビタミン・ミネラルが不足しています。

ビタミンはバストのハリを作り出しますし、

ミネラルが不足すると女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。

 

食料に不自由しない時代なので、

美容のために食生活・睡眠を整える女性はバストアップしやすいです。

そのため日本の平均バストサイズはどんどん大きくなっています。

 

しかし、コンビニ弁当・ファストフードばかり食べて、

バストアップを意識しない人は胸が大きくなりにくい時代でもあります。

 

つまり胸が大きい女性と、胸が小さい女性の差が大きくなりやすい時代なのです。

 

放っておけばバストアップするなんて都合の良いことはありません。

青汁で栄養補給することが胸を大きくすることに繋がりますよ。

⇒初回630円でフルーツ青汁が購入できるのはコチラ!

青汁の栄養

多くの青汁に含まれる栄養について解説します。

どのようにバストアップをサポートしてくれるのかチェックしましょう。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進してくれます。

バストは“クーパー靭帯”というコラーゲン束で、大胸筋と繋がっています。

そのためクーパー靭帯が弱まると、バストが垂れやすくなります。

美容に良いビタミンEや亜鉛の働きをサポートする効果もあるので、

バストアップしたいなら摂っておくべき栄養です。

 

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があるので肌のハリに関わります。

血流を良くする効果もあるので、バストに栄養を届けやすくなります。

さらに別名“トコフェロール”(ギリシャ語で出産する力を与える)と呼ばれるほど、

女性ホルモンのバランスを整える働きも持っています。

 

亜鉛

現代人に不足しがちなミネラルが亜鉛です。

亜鉛はホルモンやタンパク質の合成に関わります。

胸を大きくしたいなら欠かせない栄養です。

 

貧血の女性は多いですよね。

栄養は血液で運ばれます。

どれだけ良質な栄養を摂っても、貧血では効果が落ちます。

貧血気味だと自覚のある女性は、積極的に摂取したいミネラルです。

いつ飲めばいい?

?

バストアップ効果を意識するなら、寝る前に飲むことをオススメします。

就寝中に多くの細胞が生まれかわり、女性ホルモンも多く分泌されます。

 

栄養が枯渇した状態で就寝するのは、美容を意識する女性にオススメしません。

 

青汁は消化に良いので、

就寝前に飲んでも胃腸に負担をかけにくいです。

 

朝が弱くて朝食を食べていないなら、

朝食代わりに青汁を飲むのもオススメですよ。

ダイエットしつつバストアップしたいなら

ダイエット

ダイエットを行うと、

どうしても栄養不足になって胸を大きくすることが難しくなります。

 

栄養が不足すればハリもなくなり、血流も悪くなります。

バストがサイズダウンするのは当然と言えます。

 

とはいえ、痩せるためにも高カロリーの食事を避けないといけません。

 

そこでオススメなのが青汁です。

青汁は栄養豊富ですが、とにかく低カロリーでダイエットに向いています。

 

たとえば、すっきりフルーツ青汁のカロリーは1杯(100ml)あたり“11.7kcal”です。

オレンジジュースが100mlで42kcalなので、飲み物の中でも低カロリーですね。

 

キレイなバストを維持しつつダイエットに励むなら、青汁をオススメしますよ。

⇒すっきりフルーツ青汁 初回630円はコチラ!

普通の青汁とフルーツ青汁は違う?

フルーツ

人気のフルーツ青汁ですが、普通の青汁とは少し違います。

 

普通の青汁は主にケールが使われています。

そのため苦味や臭いがキツイです。

 

フルーツ青汁は主に大麦若葉・明日葉を使っているので、

サッパリとして飲みやすいのが特徴です。

ザクロ・プラセンタ・酵素などを配合して、美容を意識しているのもポイントですね。

 

さらにフルーツ青汁の中には、

“大豆パウダー”を配合した、バストアップにオススメのフルーツ青汁もあります。

大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするので、

効果的にバストアップを目指せます。

 

普通の青汁は健康を意識したい人に、

フルーツ青汁はバストアップ・美容を意識したい人にオススメですよ。

青汁の手軽さはやっぱりスゴイ

おすすめ

青汁の魅力は何といっても手軽さです。

コップ1杯の青汁を飲むだけで、豊富な栄養を摂ることができます。

 

野菜はサッパリしていますが、

消化に悪いので多くの量を食べることは難しい食材です。

 

そして日常生活のなかで、大麦若葉やケールなどを食べる機会は中々ないですよね。

青汁を飲めば、栄養豊富な野菜を手軽に摂取できます。

 

フルーツ青汁なら甘味もあって飲みやすいです。

野菜不足・野菜嫌いの方は、手軽で美味しいフルーツ青汁をオススメします!

青汁のデメリット

デメリット

栄養豊富な青汁ですがデメリットもあります。

大きなデメリットは飽きることです。

同じ味なので続けることが苦になる女性もいます。

 

そこで飽きがこないように、

水で割る以外の青汁レシピをいくつか知っておきましょう。

 

【おすすめ青汁レシピ】

  • 青汁豆乳割り
  • 青汁牛乳割り
  • 青汁グレープフルーツ割り
  • 青汁ヨーグルト

 

豆乳には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれています。

青汁は柑橘系の果物と相性が良いので、グレープフルーツで割っても美味しいですよ。

ドリンクに飽きたら、

ヨーグルトに混ぜて食べるのもオススメですよ。

バストアップサプリメントのほうが良いのでは?

サプリメント

胸を大きくしたいならバストアップサプリメントを飲むという方法もあります。

 

ただしバストアップサプリメントは、

主に女性ホルモンをサポートするサプリメントです。

ビタミン・ミネラルが不足していて、

体がボロボロのときにサプリメントを摂っても、女性ホルモンを十分にサポートできません。

 

青汁はビタミン・ミネラルで体の調子を全般的にサポートしてくれます。

 

バストアップできない原因が女性ホルモンの減少だとハッキリ分かっているなら、

サプリメントを選んでもいいと思います。

しかし、バストアップできない原因は色々あります。

生活習慣・食生活が不規則なら、

ビタミン・ミネラルをしっかり摂取したいところです。

 

さらに強力すぎるバストサプリメントは、副作用の可能性があります。

国民生活センターにも健康相談が寄せられています。

 

メリット・デメリットをしっかり考えて選んでくださいね。

まとめ

青汁の最大のメリットは、健康的にバストアップできることです。

いくらバストアップできても、不健康になれば意味がありません。

 

胸を大きくすると周囲の対応が変わるという話を聞きます。

しかし、実際にそんなことはあり得ないと思います。

 

周囲の対応が変わるというより、自信がついて自分の積極性が変わります。

積極的になれば周囲はあなたに好感を持ちます。

その結果あなたへの評価が一気に変わります。

 

バストアップの努力を先延ばしにしても良いことはありません。

それどころか後悔する可能性大です。

今、この瞬間からバストアップを目指しましょう!

⇒初回630円【すっきりフルーツ青汁】公式サイトはコチラ!

青汁